大動脈カンファレンス(医療者向け)

大動脈カンファレンス(医療者向け)

「川崎大動脈カンファレンス」は、 主要病院の循環器内科・救急救命医を対象に、 川崎大動脈センター (KAC)で前月に診療した大動脈疾患症例(大動脈解離・大動脈瘤など)を供覧し、 その診断・臨床経過・治療・予後について症例検討を行うものです。 日常的な症例から普段あまり接することのない症例など毎回6症例(手術例4例・ステント治療例2例、年間72症例)について検討し(質疑応答含む)、 大動脈疾患に対する理解を深めることを目的としています。

2019 6/1 sat. 検討会:川崎幸病院

※予定しておりました4/6、5/18は開催中止となりました

検討会 川崎幸病院 5階 講義室

プログラム
  • 15:00~
  • テルモ株式会社情報提供
演題
  1. 腹部ステントグラフト挿入術後エンドリークに対して開腹手術で治療した一例
  2. 23才で著名な大動脈基部拡大をきたしロイスディーツ症候群が疑われる一症例
  3. TEVAR・EVAR後のopen surgery
  4. 治療方針の決定に苦慮したjuxtarenal AAAの一例
  5. 腹部大動脈グラフト損傷の局在診断に4D-CTが有用であった症例
  6. 胸腹部大動脈グラフト損傷に対して、TEVARを施行した症例
  • 共催
  • テルモ株式会社

大動脈カンファレンス

川崎幸病院
川崎大動脈センター コーディネーター

〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町31番27

TEL:0445444611(代表)

大動脈カンファレンス第一回

2019年2月2日(土)

演題

StanfordAに対して自己弁温存基部置換術を施行した例
大島 晋(川崎幸病院 川崎大動脈センター・大動脈外科部長 兼 センター長)

演題

解離性大動脈瘤破裂に対して一期的に弓部・下行置換を施行した一例
尾﨑 健介(川崎幸病院 川崎大動脈センター・大動脈外科医長)

演題

B型解離急性期に出現した間欠性跛行に対して腹部大動脈人工血管置換術を施行した一例
櫻井 茂(川崎幸病院 川崎大動脈センター・大動脈外科)

演題

超高齢者のStanford A型急性大動脈解離に対する一手術例
圷 宏一(川崎大動脈センター・大動脈外科・血管内科部門長)

演題

腹部ステントグラフト内挿術(EVAR)後のAAA解離性破裂症例
中川 達生(川崎大動脈センター・大動脈外科副部長・血管内治療科)

演題

腹部ステントグラフト内挿術(EVAR)のtypelaエンドリーク症例~下腸間膜動脈(IMA)経由のtype2エンドリークの関与
中川 達生(川崎大動脈センター・大動脈外科副部長・血管内治療科)

※開催日現在の肩書きです

大動脈カンファレンス第二回

2019年3月2日(土)

演題

虚血を伴ったStanford A型急性大動脈解離の治療
平井 雄喜(川崎大動脈センター・大動脈外科)

演題

弓部大動脈瘤破裂に対して全弓部大動脈人工血管置換術を施行した一例
広上 智宏(川崎大動脈センター・大動脈外科)

演題

再生不良性貧血を伴う感染性大動脈瘤を短期間に2回手術した一例
栃木 秀一(川崎大動脈センター・大動脈外科)

演題

B型解離発症3年後、徐々に拡張した嚢状瘤に対して下行大動脈置換術を施行した一例
沖山 信(川崎大動脈センター・大動脈外科)

演題

腹部大動脈ステントグラフト内挿術後、脚閉塞をきたした一例
長谷 聡一郎(川崎大動脈センター・血管内治療科)

演題

疼痛を伴う下肢浮腫で発見された孤立性の総腸骨動脈瘤の一例
長谷 聡一郎(川崎大動脈センター・血管内治療科)

※開催日現在の肩書きです