急性大動脈解離になったら

おはようございます。

とても寒くて布団から出にくくなりました。

急性大動脈解離の発症後、血管が裂けている状態(下図)が続いています。

状態が安定しているように見えても(症状がよくなったなど)、

この病気は突然に急変を起こすことがしばしばあります。

急性大動脈解離の症状としては個人差もありますが、

早めの対応が必要ですので、周りの方、ご家族が普段と違う

痛みを訴えていたらすぐに近くの病院へ。

 

カテゴリー: 編集者 | 急性大動脈解離になったら はコメントを受け付けていません。

大動脈瘤破裂

急性大動脈解離と同様に緊急手術が必要な「大動脈瘤破裂」という状態になった方が最近多く搬送されてきました。

大動脈瘤破裂を簡単に説明すると、

風船を膨らませ、更に空気をいれたとき、

パンっ!と割れることがあります。

それが大動脈瘤破裂

大動脈瘤は自覚症状がありません。

体の中で風船が膨らんでいてもわからないのです。

大動脈瘤の大きさの確認はCT検査で行えます。

カテゴリー: 編集者 | 大動脈瘤破裂 はコメントを受け付けていません。

急性大動脈解離

こんばんは

朝と夜はすごく寒いですね。

川崎大動脈センターではドクターカーの要請が立て続けにきており、緊急手術の患者さんが連続しています。

急性大動脈解離は適切な手術治療が生命の危機を脱する唯一の手段です。

当センターでは、ドクターカーに乗った医師からの連絡を受け、待機している医師が手術に向けて手配等を行っています。

そのため、ドクターカーが到着した時には手術室の準備は万全です。

夜間でも待機しているスタッフが対応しているため問題はありません。

もし、激しい痛みがあった場合、夜間だから朝まで我慢・・・ではなく

すぐに救急車を要請してください。

 

カテゴリー: 編集者 | 急性大動脈解離 はコメントを受け付けていません。

川崎大動脈センター

昨日、川崎日航ホテルにて「平成29年度 川崎幸病院 医療連携の会」が行われ、

地域の開業医の先生方に当院のご紹介もかねて毎年行っています。

当センター長の山本 晋医師とIVR科 中川 達生医師が出席致しました。

今年も残り少しですね。

クリスマス、年末年始、学会 等・・・当センターでは、休日でも院内在中医師を多くし、緊急性の高い患者さんも含めて治療できるようしていきます。

カテゴリー: 編集者 | 川崎大動脈センター はコメントを受け付けていません。

大動脈瘤の発見

大動脈瘤を発見される方の中で「症状がある」という方は少ないと思います。

自覚症状がないのがほとんどで、気づいた時には大動脈瘤が大きくなって発見されることもあります。

発見される理由として、

・健康診断で他の病気の診察中に見つかった

・治療中の診療科で行ったCTの検査でたまたま見つかった

・心臓超音波検査で見つけた

・就寝時、仰向けになるとお腹あたりがドキドキしている

などがあげられます。

CT検査なんてなかなか行わない検査ですよね。

ただし、大動脈瘤の診断には必ずCT検査を行います。

心配な方はまずCT検査ができる医療機関にご相談ください。

カテゴリー: 編集者 | 大動脈瘤の発見 はコメントを受け付けていません。

上行大動脈瘤~ステントグラフト手術~

こんにちは

よく外来で「大動脈瘤と診断されて調べたんだけど、ステントグラフト手術でお願いしたいんです」とお申し出頂きます。

大動脈瘤の形や場所によって、ステントグラフト治療のほうが手術治療よりも良い場合もあれば、逆の場合もあります。

当センターの治療方針としては、患者さんの全身状態を正確に評価し、手術治療がよいのか、ステント治療がよいのかを専門の医師が判断しています。

他の病院でステントグラフト治療が困難と診断された場合にも、ステントグラフト専門外来で患者さんの相談に応じております。

ステントグラフト手術が適応かどうかお悩みの方は一度ご相談にお越しください。

お問い合わせは下記でお受けしております。

カテゴリー: 編集者 | 上行大動脈瘤~ステントグラフト手術~ はコメントを受け付けていません。

大動脈解離‐だいどうみゃくかいり‐

大動脈瘤 と 大動脈解離

こちらは同じ病気ではありません。

とても見やすいページがありますのでぜひ参考にしてください。

3分で解る大動脈瘤・大動脈解離

雨の日が続きとても寒いですね。

これからどんどん寒くなります。気温差に気を付けていきましょう。

カテゴリー: 編集者 | 大動脈解離‐だいどうみゃくかいり‐ はコメントを受け付けていません。

ルーティーン

毎朝医師は、当日の手術患者さんのカンファレンス、入院中の患者さんのカンファレンスを行っています。

その後手術室に向かうのですが、手術室に入る前に個々にルーティーンがあるようです。

一時期ルーティーンという言葉をよく耳にしました。

日常規則的に繰り返される、一定の手順で行われる仕事という意味のようです。

医師はどのようなことがあっても(予定していた状態と違ったとしても)、落ち着いて安定した手術が出来るように工夫しています。

余談ですが、長時間の手術で途中トイレに行きたくならないのですか?と質問したところ、「集中しているから行きたいと思わない」だそうです。

 

カテゴリー: 編集者 | ルーティーン はコメントを受け付けていません。

川崎大動脈センターは国内唯一の医療センターです。

2017年10月1日に発行された、「読売新聞 ”病院の実力”欄」に川崎大動脈センターのインタビュー記事が掲載されました。

また、同欄「主な医療機関の血管外科治療実績」(2016年)にも各手術件数が掲載されました。
※外来予約、ご不明点などお気軽にご連絡ください。

予約電話:044-544-4611(代) ※川崎大動脈センターコーディネーター宛にご連絡下さい。
カテゴリー: 編集者 | 川崎大動脈センターは国内唯一の医療センターです。 はコメントを受け付けていません。

セカンドオピニオン

川崎大動脈センターではセカンドオピニオンを積極的にお受けしています。

現時点でかかりつけの病院から「大動脈瘤」あるいは「大動脈解離」といわれている患者さんには、当センターでのセカンドオピニオンを受けられることを推奨しています。

当センターでの受診には紹介状は必須ではありません。CT写真を持参できない患者さんについては当センターで、受診日にCT検査をおこないます。

まずは、受診希望のご相談からご連絡下さい。

カテゴリー: 編集者 | セカンドオピニオン はコメントを受け付けていません。